就活での封筒の宛名の書き方

就活をしていると、かなりの数の履歴書を郵送することになると思いますが、履歴書を郵送する際の宛名を書く際、ただなんとなく書いている方は多いのではないでしょうか?じつは履歴書を送る際の宛名の書き方には、いくつか注意しないといけない点があります。

まず、住所を書く際に、丁目や号地を省略するのは厳禁です。これは自分の住所を書く時も同じです。
住所が長い場合は無理に一行に収めようとはせず、2行に分けて書きます。
また会社名を書く時、㈱等の略語は使わないようにします。
採用担当者が解っている場合は担当者宛てに、採用担当者の名前が解らない時は採用御担当者様、もしくは人事部御中のように書くようにします。また役職名は名前の上に書くようにし、部長様というように名前の後ろには付けないようにします。
この宛名部分は、封筒の中央に、大きめの文字で書くのがベターです。
自分の住所は裏面の左下に書くようにします。この時も名前は住所より大きめの文字で書くようにします。
履歴書を送る際に忘れてはいけないのは、封筒の表左下に赤字で応募書類在中と記載することです。
企業には毎日かなりの量の郵便物が届きますが、これを記載することで大事な応募書類が他の書類に紛れて担当者に届かない、といった事態を防ぐことができます。

封をする際は、テープではなく糊付けにして、〆印を入れるか、自分の印鑑で割り印を押します。
せっかくいい履歴書を書いたにもかかわらず、それを送る封筒で採用担当者に悪い印象を与えてしまってはかなりもったいないです。
履歴書を送る際は、宛名の書き方にも注意するのが、内定への近道になるかもしれません。

*このサイトは現在準備中です